日常生活自立支援事業

この事業は、羽曳野市内にお住まいで認知や知的障害、精神障害などにより毎日の暮らしに必要なことの判断や意思表示を自分自身で適切に行うのが困難な方を対象に、生活や金銭管理などをお手伝いする事業です。長期入院・施設に入所している方もご利用できます。
こんなことで困っていませんか?
  • 心身状態が悪くなり、日常生活がしんどくなってきたので福祉サービスを使いたいが、どうすればいいか分からない。
  • 計画的にお金を使いたいけれど、いつも迷ってしまって心配だ。
  • 最近もの忘れが多くて預金通帳や大切な書類をちゃんとしまったかいつも心配だ。
  • 請求書や書類が送られてくるけど、どのように手続したらいいか分からない。
そんなとき、このサービスをご利用ください! 専門員や生活支援員が、困ったときに一緒に考えながらあなたのお手伝いをいたします。
どのようなお手伝いをしてくれるの?~サービスの内容~
  • 福祉サービスなどの利用援助 福祉サービスを利用するために必要な手続きや、利用料金を支払う手続きなどを行います。
  • 金銭管理サービス 預金の出し入れ、公共料金や家賃などの支払い、年金や福祉手当の受領に必要な手続きなどを行います。
  • 書類等預かりサービス 預金通帳や証書などをお預かりし、金融機関の貸金庫に保管しておきます。 (保管できるもの) 年金証書、定期預金の通帳、不動産権利書、契約書、保険証書、実印や銀行印など。 (保管できないもの) 宝石、貴金属、書画、骨董類など。
まずは、社会福祉協議会にご相談ください。サービスの仕組みについて説明します。本人以外の方(家族・民生委員など)を通じての相談もお受けします。 ※このサービスは本人との契約でスタートします。
どうやって利用するの?~利用までの流れ~
  1. 相談受付 ご本人はもちろん、身近な方(家族・民生委員・地域住民)からの相談にも応じます。
  2. 相談 担当職員(専門員)が、ご自宅を訪問するか、社会福祉協議会での面接により、ご本人にサービスの内容を詳しく説明し、ご本人の希望・考えをお聞きします。 また、ご本人が信頼している第三者に立会人として同席してもらうこともできます。
  3. 契約書・支援計画の作成 ご本人が困っていること、これからどうしたいか?を十分お聞きした上で、今後どのようなサービスを行っていくのかをご本人と一緒に確認し、契約書・支援計画を作成します。支援計画とは、「だれが、いつ、なにを、どのように援助するのか」を書いたものです。
  4. 契約 契約内容・支援計画について確認していただき、理解いただけたら、契約を取り交わします。
  5. サービスの開始 契約書や支援計画にもとづいて、サービスを提供します。 ・相談にあたっては、プライバシーに配慮し、秘密は厳守いたします。 ・相談は無料です。契約後のサービス利用については利用料がかかります。
まずは、社会福祉協議会にご相談ください。サービスの仕組みについて説明します。本人以外の方(家族・民生委員など)を通じての相談もお受けします。 ※このサービスは本人との契約でスタートします。
利用料はいくらかかるの?~年会費・利用料~
サービスの利用にあたっては、年会費、利用料、の他に契約やサービスの実施に伴う費用については実費負担になります。
利用料の階層
A階層 生活保護受給者
B階層 所得税非課税者
C階層 前年度所得税140,000円以下
D階層 前年度所得税140,001円以上
 
福祉サービス利用援助サービス/金銭管理サービス/書類等預かりサービス
年会費(毎年更新)
4月から6月に契約 (4期分) 7月から9月に契約 (3期分) 10月から12月に契約 (2期分) 1月から3月に契約 (1期分)
A階層 1,000円 750円 500円 250円
B階層 3,000円 2,250円 1,500円 750円
C階層 3,000円 2,250円 1,500円 750円
D階層 5,000円 3,750円 2,500円 1,250円
 
金銭管理サービス
料金(1回につき)
A階層 (全額免除)
B階層 150円
C階層 300円
D階層 500円
 
書類等預かりサービス
(貸金庫利用料)
A階層 (全額免除)
B階層 500円/月 6,000円/年
C階層
D階層
 
サービス実施に伴う費用(利用者実費負担分)
契約諸費用 契約時における診断料等の諸費用
書類等預かり 貸金庫料金その他諸費用
金銭管理 振込などの実費、その他の諸費用